脱炭素社会への取り組み

eSep Vision 2021

京都から世界へ。

 

「二酸化炭素からガソリンを作る」

夢のような話ですが夢ではありません。

イーセップは2022年3月までにまずは非常に小規模ではありますがこの技術を実現します。

 

この技術を実現させるのがイーセップの分離膜です。

 

 

二酸化炭素(CO2)からガソリンを作る反応式は

Step1:CO2 + H2 ⇄ CO + H2O

Step2:CO + 2H2 → 1/n(CnH2n)(粗ガソリン)+ H2O

Step3:粗ガソリン → ハイオク化

で表すことができます。

CO2と水素(H2)を反応させてまずはCOを生成し(Step1)、次にこのCOとH2を反応させ粗ガソリンを作る(Step2)。最後に粗ガソリンを精製してハイオク化する(Step3)というものです。

ここでポイントとなるのが反応の際に生成されるH2O(水)です。

これまではこの水を除去する技術がなく、正確に言うとあるにはあったのですが、・設備が大きくなる、・水を除去する際に、原料となる二酸化炭素より多くの二酸化炭素が発生してしまう、・生成されるガソリンの価格が非常に高くなる、という理由でこの反応式の実現は非常に難しいものでした。

 

しかしイーセップの分離膜がこの問題を解決します。

 

イーセップの分離膜により、反応により生成された水は即座に反応系から除外することができるため、上記式の反応が左から右へどんどんと進みます。すなわちこれまで反応の邪魔をしていた水の影響がイーセップの分離膜により排除されるため二酸化炭素からガソリンを作ることが可能になるということです。

 

 

ところで昨今の「脱炭素社会」「水素社会」の実現に向けて水素自動車、電気自動車への重要度が高まり、その結果ガソリン車が市場から消えてしまう流れになっています。しかしガソリン車のエンジンは日本技術の結晶と言っても過言ではありません。そのエンジンが「脱炭素社会」を名目に駆逐されていいのでしょうか。

もし水素自動車や電気自動車で脱炭素社会を実現させるには、これまでガソリン車(エンジン)を中心に築き上げられてきたインフラを大きく再構築しなければなりません。

 

しかしe-fuelならば今あるインフラを基に脱炭素社会実現することが可能です。

脱炭素社会は新しく創るものではありません。今までの社会や技術の延長にあるものとイーセップは考えます。

 

2021年イーセップは脱炭素社会への取り組みの一環としてe-fuel事業を開始。CO2とグリーン水素からガソリン(e-fuel)を生成する「eSepメンブレンフローリアクター(eMFR)」の開発に着手します。

そして2022年3月までにeMFRでのガソリン生成を成功させ

2023年3月までにeMFRをシステム化

2025年からの社会実装を目指します。

 

イーセップの分離膜技術で京都から世界へ脱炭素社会を実現します。

 

※「eSep Vision 2021(簡易版)」のダウンロードはこちらから。